TOFUBEATS WEBLOG

tofubeatsの最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nice Label Must Pure

mp3mp3.jpg


http://d.hatena.ne.jp/tomad/20080221
DIG@BOOKOFF - ネットレーベルやろうぜ!!!

前の日記でネットで音楽することについて書こうと思ってグダグダになったので再び。
ネットレーベルもろもろの観点もありますが、俺としてはやっぱりクリエイターが育つ過程でインターネットは大きいと思っています。たとえば、おれはインターネットのヒップホップ音源投稿サイトとかにかれこれ数年投稿してきまして、そこで育ったと思っています。匿名性が尊重されるネットでは、悪口もガスガス言ってくれて、初心者としてはそこで折れなければ貴重なアドバイスです。基本的なミックスの情報やサンプリングについてとかもそこで知り合った友達とメッセンジャーで情報交換したり・・・って感じだったかと。東京のアキバでライブやったときも、ネットの投稿サイトの知り合いの方がオーガナイザーで、そこから呼んでいただいた。という関係でした。あと、Google先生にはほんと、感謝しきれないほどの情報をいただきました汗
こういった点から、今の楽曲制作の基盤をブッコんでくれたのはやっぱりネットかなぁと思います。気軽に話しかけられる(MSNメッセンジャーとかで)友達も多くできたので、やっぱやっててよかった!。あとそんな当時一緒に掲示板で曲を出してた人が18歳を超えて続々現場に出だしたりもしているそうです。今のおれもそんなかんじでしょうか。

神戸のトラックメイカーの人と接点を持てるようになったのはトラック作り始めてからもう2年弱くらい経ったころで、実際クラブ行ってから音楽やりだす人も多い世の中で、このような事態はまだ少数派かと思います。でもネットでぜんぜん曲を出してましたし、同時期からはyoutubeにも動画アップしはじめていました。

でも実際今くらいまで人来るようになるまで3年以上もかかってると思ったら歯がゆいもんがありますww
要するに最初のほうはtomadさんの日記でもありますがぜんぜんだれも聞いてなかったわけで。世の中に氾濫するmp3データの底辺に埋もれていたわけです。おれみたいにレーベル形態を取っていない身としては(今は一応soytech recordsってしてます。だがしかしメンツは俺一人)、曲を聴いてもらいたいがためにいろいろしないといけない。知ってもらわないことにはいい曲か、悪い曲か、好きか、嫌いかさえも判断してもらえないと思ったからです。
俺の考えた打開策はマイスペとかmuzieとかミクシとかで地道に顧客を増やすことと、大味なJ-POPのエディットをyoutubeとかにアップして人を呼び込むってことでした。あとpodcastとか(あんま更新して無いですが汗)。実際このブログ見てる人でマッシュアップしか聞いてないってひともいるとは思いますがべつにいいんです。まぁダウンロード数がちゃんと増えていく状況になるまでは長かった記憶。
結局おれとかは集客のためにやってるマッシュアップとかリミックスにはまってしまい、今もズルズルやっていてあんまりトラックを作ってないという汗

あぁ、あとそういえばネットのいいところはブート的な音源が出回りやすいということですかね。やはり正式にプレスする作品ではザックリザクザクポップスとかをいじったものは出せないこともあるでしょうし。たとえばおれがリミックスしたりもしましたが、「らっぷびと」氏。あの人のやってることはやっぱりネットだから出来ることで。あの人のCDRを本人に会ったとき売ってもらったので持ってるんですが、やはりアニメのオケをまんま使ったやつは収録されていませんでした。

現実のレーベルと比べて負荷がないのでネットレーベルってバンバン出ますよね。そこを楽しむのもいいのですが、どれだけ厳選して良い物を出せるか、方向性を一環して出せるかが重要になってくると思います。
そこで話はネットレーベル。やっぱり一貫性とか、個性、あと信頼が無いとリピーターは増えないんですよね。どんな商品でもこれは同じことですが。たとえばおれとかは、tomadさん率いるマルチネの音源にはネットレーベルの中でも圧倒的な信頼を置いています。あとYel-oweというレーベル(yel-oweのmizubeさんは某ヒップホップ音源投稿サイトで知り合った人)とか。
こうやって見るとどっちのレーベルもすっきりとした一貫性があって、ユーザーの希望におおかた沿っている気がします。あとどちらもやっぱり、ジャケ、ありますね。両方アートディレクションもそれなりにしっかりしている。俺にはアートが足りてないなぁ・・・
まぁおれのサイトとかだと、mp3コーナーは定期的に消えたりしています。サーバーの問題もありますがやっぱりこれはダサいかもしんないなぁこれと思ったりしたときで。そういう作品に対してシビアな姿勢があるかどうかというのも、自由なネット社会だからこそ必要とされている部分なのかもしれません。

いやー、まぁ楽しく音楽やるのに、ネットはとっつきやすいし、楽しいし、ほんとに友達になりやすい!w

やっぱ現場は条例にもよりますが18歳や20歳になるまでは入れないわけで。ユーザロックはフーエイホー!で行かないと損するぜって言ってますけど、18歳になるまで、オールナイトは行かないつもりしてます!"ドア閉めてたらバレない"んですけど、やっぱりおれ、マジメだし!!
知らないほうがおもしろいこともあるし、知ってからおもしろくなることもある!かわいい彼女を作ることとは違って、クラブは18歳になったら誰でもいけるんだし。「あー、クラブいきてぇなぁ」と思いながら家で曲を作るのが楽しかったりするんじゃない!?
ネットでうんたらかんたら問題が起こっている現代ではありますが、今だから言える、インターネットよありがとう!ぜったいやめねぇぞ!

*写真は昔コンパクトディスクのマークを解体して作ったmp3マーク!soytechのトップにずっと使っています。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/22(金) 20:32:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おちたー! | ホーム | GATSBY MUSIC CONTEST 審査の様子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tofubeats.blog107.fc2.com/tb.php/68-ccbc6e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。