TOFUBEATS WEBLOG

tofubeatsの最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

maltine records

maltine recordsはもしも「初期平成世代生まれ」(正確には前後する?)という音楽の括りがあるなら確実にトップクラスの集団です。syemさんの「shit slyme」などは00年前後の日本語ラップと同時にブレイクコアなどにも影響を受けた若者が音をイジる感覚などがフレッシュで好きで、イミチグモさんのあのvegasでどうやったらできるんかいまだによく理解できないビデオマッシュアップなど、面白くてかつ格好いい、楽しいアルバムなど目白押しで最高なのです。しかも全部タダでDLできるっ!!だいすっき!(@岡村靖幸)

個人的にはレーベルコンピ(http://maltinerecords.cs8.biz/6.html)の合唱さんなどが異常に光っており、彼のソロ作品を待ってる感じです。

imoutoid

http://maltinerecords.cs8.biz/14.html
「[MARU-014] imoutoid - ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY

で、まぁ上記URLのmaltine recordsからの新譜なわけです。

ギャルゲ曲のエディットという、一見普通のナードコアっぽい感じのアプローチにもかかわらず、全体を通してのキラキラ感やエディットの丁寧さはすばらしい!
基本能力の高さに加え、遊び心という名のアニメ、ギャルゲ精神を詰め込んで、あとはキャラクターへの愛をサンプルのカットの細かさへ変換。そしたらキラキラして楽しいクラブミュージックがっ!?
俺なんて2~3曲目聞いてるときはデデマウスが頭に浮かんで、なんかもう幸せでした。3曲目の最後とかは初めて「baby's star jam」をイルベリで聞いたときのような心地よい感動が。なぜかPCの画面がみえn(以下略

「なにやってるの?ふにゃ~」
そんな君がすきさっ!!!!


「平成世代の鬼才であり、萌えカルチャーと最先端のテクノロジーが生み出した Imoutoid によるフューチャー・ポップミュージックである。一見エレクトロニカの様なジャケットはフェイクであり、中身はダ・カーポの安易な言い方で言うとネタモノなのだが、聞いてみるとオタクミュージック特有の俗っぽさを感じさせず、お洒落でかつ力強いポップミュージック(それ以外思いつかない!)である。表層だけを聞くと耳障りの無い音であるが、その中には多数のギミック(詳しくはimoutoidによる解説で)が含まれる。アキシブ系をエレクトロニカ的解釈で超え、だがしかし、クラブミュージックの野蛮さと乱雑さまでは届かない。この音はその隙間の絶対領域を侵す。(@レーベルサイトのライナー)」

http://blog.livedoor.jp/imoutoid/archives/51033393.html(作者本人による解説)


いい曲きくとやるきがでる!
スポンサーサイト
  1. 2007/10/25(木) 19:42:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | アフロディーテファンクラブ - マリンタウン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tofubeats.blog107.fc2.com/tb.php/44-b5f0cf17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。