TOFUBEATS WEBLOG

tofubeatsの最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日mp3 killed the CD star?発売です

maltinejacket.jpg

http://mp3killedthecdstar.net/

最近ブログが告知ばっかりですみません。tofbueatsです。ちゃんとした文章ではお久しぶりです。

本日8/4は私も参加したマルチネレコードのコンピレーション、"MP3 KILLED THE CD STAR?"の発売日です。
少々恥ずかしメな文章でもありますが思うところについて書きたいと思います。駄文です。



このCD、もとい作品は、

ブックレット
CD
(空の)CDR

の3要素で出来上がってます。
ブックレットはGraphersRockタミオさんはじめ多くのデザイナー、マルチネ関係グラフィックアーティストなどの手によって製作された名実ともに気合の入ったブツになってます。
続いてCD、これは生きるエディットレジェンド、ノンセクトラジカルズによるマルチネコンピのエディット・メガミックス作品です。
そしてメインとなるのがCDR、そしてそれに付随するダウンロードパスです。あなたたちはこのアルバムを完成させるために、インターネットに接続し、mp3を落としてCDRに焼かなければいけません。そこでこのアルバムは完成します。
PCもってねーと云々などの文句がありますが、CDがなくなってしまえばそれこそあなたはパソコンでしか音楽は買えないと思うのでぶっちゃけそんな野暮なことは言わないでください。ターンテーブルの後続として生まれたCDプレイヤーはまたパソコンへと接続します。パソコンはもはや音楽を聞くためのインフラの一つでもあるのです。


そもそもマルチネレコードとであったのはまだそのリリース数が5枚に満てない程度、imdkm(当時はもうちょっと面倒くさいスペルだった)さんの映像マッシュアップが出るか出ないかの時でした。
imkdmさんのブログでサ上とロ吉のリミックスが取り上げられ、そこから経由してマルチネを知ったのが最初です。
そのころは僕はネットラップと呼ばれる界隈での活動というかmp3配布がメインだったので、ネットレーベルという形態にビックリしたのをよく覚えてます。
気がつけばWIRE08に出たり、そうやってする中で親友のdj newtownはマルチネから音源をリリースすることになりました。
ってまあそんな諸々あって現在に至っているわけですが、

とりあえず今回のアルバムに僕はdj newtownと「朝が来るまで終わる事の無いダンスを」という曲を提供させてもらいました。
試聴はここでできますのでどうぞ(ほかのアーティストも全部めちゃいいのでとりあえずリンクから飛んでチェックを是非)。
これはある時期にあんまり曲ができなくなっちゃったところでメロディが出てきて、そこから完成に持っていくまでに実に半年かかってます(完成形を聞くとなんでだよって思う人いっぱいいると思いますが・・)。数時間で曲をパパッと作るタイプの自分にとってはマジでビックリするくらいの時間がかかってます。
とりあえず先にメインの歌詞とメロだけ出てきて、どうやって持っていけばいいのか非常に迷った結果、ほとんど同じことを繰り返すことにしました。
昔ウタダヒカルがインタビューで「英語は繰り返すと強度が増すが、日本語だとしつこく感じる」と発言していたと思うのですが、個人的には日本語も強度とキャッチーさを持てると信じていて、またこんだけ言えばさすがに覚えていただけるヤロ・・・というのがあります。

あと、ワタクシみたいな田舎育ち青年、20年弱の人生でも、嫌な事とか逆にうれしいこととかもたくさんあって、それでもやっぱり僕の場合は音楽作るとか、思ってる方向に動くのはやめちゃだめだなとより強く思うわけです。こういう話をすぐ出す奴は情に訴えかけてる感じがしてセコいので嫌いですが、やっぱり僕はそこに居なくなってもアイツとかアイツのことは頭のどっかで覚えてますし、昔は仲良かったのに腐ったアイツだとか、逆に昔嫌いだったのに仲良くなった人のことも考えてるわけです。そして顔も姿も知らない人とあたらしく出会う過程を繰り返してるわけです。また、こういう純粋な気持ちでやっている(?)自分を10年後とかに忘れてはいけないなと強く思ってます。
とりあえず音楽作り始めたころからはどっちの意味でも想像つかないようなことばっかりが起きていて、それは今終わらせちゃったら続きは見れないぞと!見れへんぞと!言いたいわけですよ!ハイ!
なんだかんだでクラブミュージックは機能美に重点が置かれるべきですが、マルチネコンピという一つの節目にガッチリしたものを出したく、この曲はJ-POPということにして私情をガンガン注入しました。今までここまでちゃんと内容について語れる曲は出してなかったので書きました!でもこういうふうに作品を言語で補填するのはなんかダサいとか思っちゃうお年頃ナンヤデ!


とりあえず、自分に不満はまだあります(以上文章含め)が納得いくレベルの曲を、思い通りの形で好きな人たちとリリースできたということにめちゃくちゃ興奮しています。これから何かが起きそうっていうのを勝手に感じていますし、これがどっかに響いてくれたらきっともっと面白いなあ。神戸のCD店にも入荷されてますように・・・
Sさんはじめtomad社長など、みなさんありがとうございました。スペシャルサンクスのあの人とあの人も聞いてくれてるとうれしいです。

楽曲云々抜きで僕らの青春と熱意は存分に詰まってると思いますので、それにお金を善意で払ってくれる人がどれだけいるか楽しみです。終始宣言どおり恥ずかしい感じでしたが、まあ、そういう感じです。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/04(水) 02:33:43|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。